水素水 キヨラビを飲んだ感想と水素濃度

フォルダの説明を40文字程度でサラッと書く

水素水のことならお任せ!水素水の効果とホントのはなし
トップページ水素水 ランキング > ナノ水素水 キヨラビ

ナノ水素水 キヨラビの水素濃度を計測してみました!

ナノ水素水 キヨラビは実感力を売りにしている水素水で、気になったので試してみました。水素は無味無臭ですから、実感できない水素水はただの水ですから、誰も高いお金出したくないですもんね。

ちなみにキヨラビは、平均水素含有量が1.23ppmと公式ページに書いています。平均というのがポイントで、他社製品の多くは充填時の一番水素量が多いときの濃度しか書いていません。その数値は飽和濃度の1.6ppmやそれ以上の3.0ppmという水素水もあります。でも実際に肝心なのは、飲む時の濃度ですから、キヨラビの書いている平均値は、一見低く見えますが本当の水素含有量と言えます。

それでも疑り深い私は、実際に手元に届いたキヨラビの水素濃度を計測してみました(^―^)

開封直後に測定容器に6ml入れます。
ナノ水素水キヨラビ

試薬を1滴ずつ入れて、透明にならなくなるまで続けます。
ナノ水素水キヨラビ 水素濃度測定

ナノ水素水キヨラビは13滴で透明にならなくなったので12滴です。
ナノ水素水キヨラビ 測定結果

溶存水素濃度判定試験薬は、1滴の試薬で0.1ppmの水素と反応します。透明にできた滴数で溶存水素濃度を確認します。試薬の特性上、溶存酸素の影響で2滴分(0.2ppm)透明にならない場合がありますので、透明にできた滴数+0~2滴=溶存水素濃度と判断します。

キヨラビの場合、12滴+0~2滴=12~14滴=溶存水素濃度1.2~1.4ppmという計算になります。

※市販の試薬を使い、個人的に行ったな測定です。水素の有無を確認するのが目的で、数値は参考値と考えてください。水素濃度が商品パッケージやホームページの記載と異なっている場合、メーカーの公称値で判断してください。 詳しくはこちらをご覧ください>>>水素水 水素濃度の測定方法

ナノ水素水 キヨラビを実際に飲んだ感想

キヨラビの初回購入者限定お試しセットは、500ml入り6本が1セットで、1セット~5セット(30本)まで購入できます。私はもちろん5セット買いました。値段は8,100円(送料無料)でした。

キヨラビ パッケージ

配達に来たゆうパックのドライバーさんが、結構な大きさの箱持ってて驚きました。5セットはなかなかのボリュームと重さです。考えてみれば、1本 500ml×30個ですから水素水だけで15kgで、プラス容器・梱包ですから重いはずです(^_^;)

ナノ水素水 キヨラビ

キヨラビは500mlで量が多いので、妻と毎朝半分ずつ飲みました。私はとっかえひっかえ色んな水素水を飲んでいますが、妻は初水素水だったので、1日目から「水道水よりトイレが近い」と驚いていました。

キヨラビはナノ水素水という名前だけあって、特殊なフィルターを使って水のクラスターを小さくして水素を含ませています。ですから、ミネラル豊富な天然水(熊本県菊池市)を使っていても口当たりがまろやかでとても飲みやすいです。この製法だと、水素の維持率が高いそうです。

実際に私が計測した結果も1.2~1.4ppmと、かなり高い水素濃度だったので実感力も期待できます!

ナノ水素水 キヨラビ

ナノ水素水 キヨラビ
初回限定お試しセット(最大5セットまで)
500ml×6本 1,620円 送料込

 

ナノ水素水 キヨラビ 基本情報

定価 初回限定価格 定期購入価格
500ml×30本
12,960円(送料込)
500ml×6本(最大5セットまで)
1,620円(送料込)
500ml×30本
10,800円(送料込)
容器タイプ 水素含有量 原水
4層構造アルミパウチ
飲み口あり
1.23ppm(充填~賞味期限 平均) 熊本 菊池市の天然水

人気記事コンテンツ

水素水 ランキング コンテンツ一覧

メニュー
インフォメーション