水素水 水素濃度の測定方法

水素水の水素濃度を測定する方法を紹介します。当サイトのに書いてある濃度はこの方法で計測しました。

水素水のことならお任せ!水素水の効果とホントのはなし
トップページ水素水 ランキング > 水素水 水素濃度の測定方法

水素水の水素濃度の測定方法

水素水に溶けている水素は無味無臭ですから、飲んでも巷のミネラルウォーターと味や匂いは何も変わりません。ですから、「本当に水素が溶けてるの?」と疑問に思うのは私だけじゃないはずです。そこで、溶存水素濃度判定試薬を使って、水素水の水素濃度を計ってみました。ここでは、その計測方法について紹介します。使っているのは↓この溶存水素濃度判定試薬です。

溶存水素濃度判定試薬

小さな容器と、青色の液体の入った小さなボトルがセットになっていて、容器に6mlの水素水を入れて、ボトルの液体を1滴ずつ滴下し、青色を無色にできた滴数で水素濃度を判定するという物です。

試薬を水素水に滴下して透明になる過程は↓こういう感じです。

試薬を水素水に滴下して透明になる過程

水道水で溶存水素濃度判定試薬を試した結果


疑り深い私は、「本当に水素水だけに反応するのか?」と思って水道水でも試してみました。ご覧のように1滴で青くなってしまって、混ぜても全然透明になりませんでした。

ついでに水素水バージョンも撮りましたので↓どうぞ


キレイに透明になりますでしょ?ちなみに使った水素水は浸みわたる水素水です。

溶存水素濃度の計算方法

溶存水素濃度判定試薬 説明書き

溶存水素濃度判定試験薬は、1滴の試薬で0.1ppmの水素と反応します。透明にできた滴数で溶存水素濃度を確認します。試薬の特性上、溶存酸素の影響で2滴分(0.2ppm)透明にならない場合がありますので、透明にできた滴数+0~2滴=溶存水素濃度と判断します。

↑上の動画の場合、12滴+0~2滴=12~14滴=溶存水素濃度1.2~1.4ppmという計算になります。

※市販の試薬を使い、個人的に行ったな測定です。水素の有無を確認するのが目的で、数値は参考値と考えてください。水素濃度が商品パッケージやホームページの記載と異なっている場合、メーカーの公称値で判断してください。

人気記事コンテンツ

水素水 ランキング コンテンツ一覧

メニュー
インフォメーション