トラストウォーターの水素濃度と感想

トラストウォーターの効果が気になる方はご覧ください。水素濃度を計測してみました。

水素水のことならお任せ!水素水の効果とホントのはなし
トップページ水素水 ランキング > トラストウォーター

トラストウォーターの水素濃度を計測してみました!

トラストウォーターは、私が初めて飲んだ水素水です。特殊な4層構造のアルミパウチで飲み口無し!飲み易さよりも、水素が抜けにくいことを優先した容器で、充填時に3.0ppmという業界最高レベルの水素が溶けているというのがセールスポイントです。

では実際に溶存水素濃度判定試験薬を使って計測してみました。その結果報告レポートです。

開封直後に測定容器に6ml入れます。
トラストウォーター 濃度測定前

試薬を1滴ずつ入れて、透明にならなくなるまで続けます。
トラストウォーター 溶存水素濃度判定試験薬試験

トラストウォーターはは12滴で透明にならなくなりましたので11滴です。
トラストウォーター 濃度測定後

溶存水素濃度判定試験薬は、1滴の試薬で0.1ppmの水素と反応します。透明にできた滴数で溶存水素濃度を確認します。試薬の特性上、溶存酸素の影響で2滴分(0.2ppm)透明にならない場合がありますので、透明にできた滴数+0~2滴=溶存水素濃度と判断します。

トラストウォーターの場合、11滴+0~2滴=11~13滴=溶存水素濃度1.1~1.3ppmという計算になります。

※市販の試薬を使い、個人的に行ったな測定です。水素の有無を確認するのが目的で、数値は参考値と考えてください。水素濃度が商品パッケージやホームページの記載と異なっている場合、メーカーの公称値で判断してください。 詳しくはこちらをご覧ください>>>水素水 水素濃度の測定方法

トラストウォーターを実際に飲んだ感想

トラストウォーターは、水素が抜けないように飲み口が無いのでコップに注いで飲んでいました。一口で「おっ、この水美味しいな!」と感じる水です。トラストウォーターの後、いくつもの水素水を飲みましたが、TOP3に入る美味しさです。400mlでちょっと量が多いですが、1度に飲めちゃいます。

トラストウォーターは、朝起きてスグに飲んでいました。他の水素水もなんですが、明らかに水道水を飲んでた頃よりもトイレが近くなって、代謝が良くなったのを感じました。トラストウォーターは、充填時の水素濃度が3.0ppmでも、「実際に飲む時にどれだけ水素が残ってるのか?」と思っていましたが、自分で計った結果で1.1~1.3ppmだったので、安心できました。

値段はお試しセット(400ml×15パック)が、初回限定1,800円(送料無料)です。とりあえずコレで、1日1本半月続けられるので、気軽に試してみてください。

継続する場合、30本で9,980円です。1パックあたり400mlという量を考えると、妥当な値段だと思います。(仙寿の水の場合、定期コース 250ml×30本で6,750円です。)

高濃度水素水 トラストウォーター

トラストウォーター
お試しセット【通販限定】
400ml×15パック 通常7,480円 → 1,800円 送料込

 

トラストウォーター 基本情報

定価 初回限定価格 定期購入価格
400ml×30本
12,960円(送料別)
400ml×15本
1,800円(送料込)
400ml×30本
9,980円(送料込)
容器タイプ 水素含有量 原水
4層構造アルミパウチ
飲み口なし
3.0ppm(充填時) 大分くじゅう連山天然地下水

人気記事コンテンツ

水素水 ランキング コンテンツ一覧

メニュー
インフォメーション