活性酸素が関係する病気と体に与える影響

活性酸素が関係する病気や体に与える影響について紹介します。病気だけでなく老化や美容にも関係してます。

水素水のことならお任せ!水素水の効果とホントのはなし
トップページ水素水 効果 > 活性酸素が関係する病気と体に与える影響

活性酸素がいろんな病気の原因になってる!?

医者 イメージ活性酸素は、体の細胞ひとつひとつにあるミトコンドリアが、エネルギーを作り出すときに同時に発生してしまうモノで、人が生きている上では活性酸素を発生させずに生きることは無理です。

また、活性酸素について多くの人が勘違いしてるポイントに、【活性酸素=全部悪者】という認識です。これは間違っていて、活性酸素にも善玉と悪玉があって、善玉は生命活動に必要な役目を担っています。例えば、カラダに侵入したウィルスを退治したり、血管を作ったり拡張する作用が善玉活性酸素の役目です。

いけないのは↓これらの悪玉活性酸素です。

悪玉活性酸素

  • ヒドロキシルラジカル
  • アルコキシルラジカル
  • ペルオキシルラジカル
  • ヒドロペリオキシルラジカル
  • 一酸化窒素
  • 二酸化窒素 など

動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞

心筋梗塞 イメージ悪玉活性酸素が影響している病気の一つが動脈硬化です。

動脈硬化を起こす危険因子の一つに、LDLコレステロールがあります。いわゆる悪玉コレステロールです。このLDLコレステロールが活性酸素によって酸化すると過酸化LDLとなります。

血管内の小さな傷などから過酸化LDLが取り込まれると、マクロファージという白血球の一種が過酸化LDLを食べ始めます。食べきれなくなると泡沫細胞に変化して死んでしまいます。

この死んでしまった泡沫細胞が血管壁に沈着して血管を狭くしていきます。血液の流れが悪くなり、血栓が詰まることで、心筋梗塞・脳梗塞となってしまいます。これは動脈硬化を引き起こす一つの例ですが、活性酸素が少なからず影響していることが分かると思います。

糖尿病

糖尿病は血液中糖の濃度が高すぎて、尿に糖が出てしまう病気です。通常なら血糖値が高くなればインスリンというホルモンが分泌されて、余分な糖をグリコーゲンと脂肪に変えます。しかし、インスリン分泌障害を起こしている糖尿病患者は、この機能が失われています。

このインスリン分泌障害も活性酸素が原因だと明らかにされました。

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症は、βアミノイドと呼ばれるたんぱく質が、脳神経細胞を傷つけてシミのようなものを多く作ることで、痴呆症状が現れると言われています。

この脳神経細胞を傷つけているのが、βアミロイドが出す活性酸素だという事もわかっています。

他にも癌やリウマチ、肝臓病、白内障、パーキンソン病、アレルギーなども活性酸素の影響があると言われています。水素水をはじめ、抗酸化作用のある物質を補給するのは非常に大切です。悪玉を効率的に除去してくれる特徴のある水素は、今とても注目されています。

水素水 効果 コンテンツ一覧

人気記事コンテンツ

メニュー
インフォメーション