水素水の糖尿病・血糖値に関係する効果

水素水を糖尿病や血糖値が気になる方が飲むワケを紹介します。

水素水のことならお任せ!水素水の効果とホントのはなし
トップページ水素水 効果 > 水素水 糖尿病

水素水が「糖尿病に効果がある」と言われる理由

糖尿病は遺伝的な要因もありますが、食生活やストレス、運動不足などの生活習慣も大きく関わっています。そんな糖尿病の方や、糖尿病予備軍で血糖値を気にしている方にも水素水を飲む人が増えています。どんな効果を期待して水素水を飲んでいるのかをここで紹介します。

糖尿病は、体内で唯一血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌異常や、作用が低下してしまうことで、血糖値のコントロールが上手くいかなくなり、慢性的に高血糖状態になってしまう病気です。糖尿病は合併症の病気ともいわれ、高血糖が続くことが体に様々な影響を及ぼします。

代表的な3大合併症が糖尿病神経障害・糖尿病網膜症・糖尿病腎症です。他にも慢性的に血糖値が高いことで血管に悪影響を及ぼし、動脈硬化から脳梗塞・脳卒中・心筋梗塞などのリスクも高くなってしまいます。

糖尿病には種類があって、1型・2型と言われるのがそれです。1型はインスリンを作る膵臓のβ細胞が自己免疫によって壊れてしまうことが原因で、従来こどもの糖尿病に多いと言われていましたが、最近はどの年代でも起こると言われています。2型はインスリンの分泌不足・作用不足が原因です。

インスリンは膵臓のβ細胞で作られるんですが、このβ細胞は、過食や運動不足などの生活習慣の乱れで負担が増えるとインスリン分泌機能が壊れてしまいます。するとインスリンの分泌量が減ってしまいます。このβ細胞が欧米人に比べて日本人は弱いく、それが太っていなくても糖尿病が発症しやすい原因ともいわれています。

インスリンがある程度分泌されているのに、作用しにくくなる(インスリン抵抗性)のも、原因は肥満・飲酒・運動不足・高カロリー・高脂肪食などの生活習慣です。日本人の成人の糖尿病の95%がこの2型糖尿病です。

2型糖尿病は太っていなくてもなる!

糖尿病は外見上太ってるからと言ってなるものじゃありません。前述したβ細胞が弱い点もそうですが、内臓脂肪型肥満が大きくかかわっています。外見では太って見えなくても、内臓脂肪を多く蓄えている人が注意が必要です。

内臓脂肪が多いと、血中の脂肪酸が多くなります。すると肝臓や全身の筋肉が「エネルギーは十分にある」と誤認して糖分を取り込まなくなってしまいます。インスリン抵抗性が起きてしまうわけです。インスリン抵抗性から糖尿病が発症すると、高血糖状態が膵臓に影響を及ぼしインスリンの分泌量を低下させてさらなる高血糖を呼び糖尿病が進行していきます。そして最終的に合併症が現れてしまいます。

内臓脂肪型肥満の方は体重・体型は肥満じゃないので、検診で「血糖値が高めです」と言われても深刻に考えず、食生活や運動不足を解消しようとしない(危機感が薄い)傾向があります。

すると1年後の検査で深刻な状態になってしまうというケースが非常に多いです。

すい臓のβ細胞は活性酸素に弱いから水素水を飲む

2型糖尿病の原因のひとつが、インスリンの分泌不足と前述しました。

インスリンを分泌する膵臓のβ細胞は活性酸素に非常に弱いといわれています。ですから水素による活性酸素除去がβ細胞の負担を減らす方法の一つとして注目されています。これが糖尿病や血糖値が気になる方が水素水を飲む理由です。

β細胞の機能低下・β細胞自体の減少が進んでしまうと治療が難しくなってしまいます。

もちろん、β細胞の負担になっている生活習慣(過食・飲酒・運動不足など)を改善するのが基本です。活性酸素を取り除くために水素水をいくら飲んでも、暴飲暴食し運動もせず、すい臓に負担をかけていては何の意味もありません。

食事療法や適度な運動など、生活習慣を改善した上での補助的なものが水素水です。糖尿病の水素治療に興味のある方は、水素を使った糖尿病治療も実践している病院の受診をおすすめします。

水素水 効果 コンテンツ一覧

人気記事コンテンツ

メニュー
インフォメーション